千葉でハロウィンを楽しめる商品6選!!!

こんにちは千葉支店やのです!!

もう9月ですね〜今年はひと月が不思議なスピードで流れている気がしている今日この頃です。。。

まだまだ残暑が続きますが元気に頑張りましょう〜

と、夏もまだ終わりませんが、

夏が終わればハロウィン。
ハロウィンが終わればクリスマス。
クリスマスが終わればお正月。
お正月が終わればバレンタイン。
バレンタインが終わればホワイトデイ。。。

季節イベントで大忙しの日本。

夏の終わりが見え始めたということはハロウィンパーティーの準備が始まるということですよね??

そもそもハロウィンとは

ハロウィンと言ったら毎年テレビニュースなどでは仮装して盛り上がる渋谷の街中が映し出されますが、そもそもどのようなイベントなのかみなさんご存知でしょうか。

ハロウィンとは毎年10月31日に行われる、古代ケルトを起源とする民間行事のひとつです。古代ケルトでは、この夜に悪霊や魔女などが出てくると信じられていました。そのため、悪さをする霊や魔女から身を守るために仮面を被ったり魔よけの焚き火などをしたと言われています。現在では宗教的な意味合いは薄れ、子供たちが精霊やお化けに仮装してお菓子を貰ったり、ホラーを楽しんだりするイベントとなり多くの国で親しまれています。

アメリカやカナダではホームパーティーを開催して楽しむことも多く、近年日本でも多くの方が地域のハロウィンイベントに参加したり、ホームパーティーを開催する方も増え、注目が高まっています。ハロウィンに向けてお家をホラー風に装飾するのもイベントの醍醐味のひとつで、子供のいるご家庭では親子で一緒に飾り付けをして楽しみます。

仮装はなぜするのか

古代ケルトでは10月31日に日本のお盆と同じように、死者(先祖)の魂が家を訪ねたりすると考えられていました。 ただ日本のお盆と違って、悪さをする精霊や悪霊も一緒に来てしまい、その悪霊は家畜や作物に悪い影響を与えたり、子供をさらったりすると言われていました。 そこで悪霊を驚かして追い払うために、仮面をかぶったり、焚き火をしたりしたと言われています。
そこから仮装する習慣が生まれました。

近年では魔女やモンスターなどの定番キャラクターの他に、アニメやゲームの登場人物、有名な芸能人の仮装も多く、毎年生まれる新たなアイディアが
ハロウィンを大きく盛り上げてくれています。

ハロウィンにぴったりな商品

ということで今回はハロウィンにぴったりの仮装・装飾商品の紹介です!

装飾商品

ハロウィン提灯

ハロウィンと言ったらジャック・オー・ランタン!!
かぼちゃに顔を彫って火を灯すジャック・オー・ランタンは元々はかぶで作られていたとか、、、
可愛いジャック・オー・ランタンはオンラインイベントの背景に飾ったら一気にハロウィン感が増すこと間違いなし◎
他にも玄関などに飾ってハロウィンを演出するのもいいですね

人体骨格模型

ちょっと不気味な人体骨格模型。悪霊を驚かすにはもってこいの商品かもしれませんね。
高さは166cmです。

仮装商品

巨大ゾンビ着ぐるみ

ハロウィンと言ったらゾンビですよね!ゾンビメイクや傷メイクが流行っていますが本格的にゾンビの着ぐるみ着てみませんか?高さは何と大迫力の3m!!!

かぼちゃ着ぐるみ

またまたジャック・オー・ランタン!
ザ・ハロウィン!!って感じですね笑
イベントなどにいかがでしょうか。

小物

パンプキンウェア制作キット

立て続けにジャック・オー・ランタン!
こちらはお手軽に作成できるパンプキンウェア。
ぜひお子さんと作ってハロウィンパーティーを楽しんでください。

ハロウィン手作りバッグ

最後はバッグ!もらったお菓子を入れるのにぴったりのバッグ。
こちらも手作りキットなのでお子さんと作成して楽しむことができます◎

まとめ

ハロウィンという文化を交えて商品を紹介させていただきましたがみなさんご存知でしたか?私はこのブログを書くために調べるまで知りませんでした、、、

文化を知った上で楽しむハロウィンイベントも楽しいかもしれませんね。

また、今年はマスクやフェイスシールドを活用した仮装もできそうなのでワクワクします。

ちょっと早いですがハロウィンを楽しむ準備を初めてみませんか?オフィス・会場装飾などのご依頼も承っておりますので気になった方はお気軽にお問い合わせください。ご連絡お待ちしております!!